写真整理・カメラ

nohana(ノハナ)で無料フォトアルバムを作成しました!使い方や画質など

先日のALBUS(アルバス)に続き、調子にのってnohana(ノハナ)でも無料フォトブックを注文してみました!

今までスマホで撮った写真なんてプリントしたことはほとんどなく、スマホの肥やしになっていたのですが、子どもが写っているとなると俄然やる気がでます!

かわいいかわいい息子の雄姿をプリントされた物理的なアルバムでも見たいじゃないかぁ、ということでノハナもさくっと作成してみたレポートです。

nohama(ノハナ)とは

毎月1冊無料でフォトブックが作成できるアプリです!(別途送料226円の負担は必要です

選べる写真は1冊のフォトブックにつき、21枚です。

なので、1か月に1冊作成していくのに、ちょうどいいアプリ!

わたしは息子が産まれた月から1冊ずつ注文して、じいじ・ばあばにプレゼントしています。

遠くに住んでいるので、なかなか会えないじいじ・ばあば。

毎月フォトブックを見ることでさみしい気持ちが少しでも和らぐといいなぁと思っています。

ノハナの使い方

アプリを開いて下段の中央「アップロード」を選びます。

そして、さっそく写真を選びましょう。

わたしは「日付から選択」を選んでいます。

ここから選べば、ちょうど1か月分の写真を選びやすいのでおすすめです。

21枚選び終えたら、右上の「完了」を選択します。

すると、このように写真1枚1枚に対して、コメントを追記することができます。

わたしは何も入れないので、そのまま右上の「アップロード」を選択。

※ここでコメントを入れなくても、日付は自動で入力されます。

そして、下段の「フォトブック」から、注文したいフォトブックを選びます。

わたしは写真を日付順に変更したいので、「フォトブックを編集」から、「日付順に並び替え」を選んでいます。

ここで注意が必要なのが、日付が入っていない写真は一番最後に回ってしまうので、手動で日付を入れてから、再度日付順に並びかえを行いましょう!

「保存」を選択すると元の画面に戻りますので、「フォトブックを注文」を選択します。

フォトブックにはいろいろなタイプがありますが、「通常」のタイプが無料フォトブックの対象商品となります。

そして注文!あとは届くのを待つばかりです。

ノハナのフォトブックはこんな感じ!画質は?サイズは?

届いたフォトブックはこのような包装で届きます。

ALBUS(アルバス)と同じパッケージですね。

サイズは14センチ×14センチ

1ページにつき1枚の写真がプリントされ、全部で21枚のフォトブックです。

スマホで縦撮影のものは縦向きでプリントされ、横撮影のものは横向きでプリントされます。

確認を怠っても、あれ?途中で顔が切れてる!というような失敗が少ないです。優秀ですね!

(プリント前にはしっかり確認するのがおすすめですが!)

持ち運びもしやすいサイズです。

紙は光沢がないマット系ですが、紙の厚さは十分にあるので、安っぽくはありません。

フォトブック作成の際に容量不足とされた写真も選択しましたが、わたしはそれほど粗さは気になりませんでした。

ちなみに、わたしは光沢紙よりもマット調の紙が好みなので、この紙質はとってもいい感じ!

表紙と背表紙の手前には白紙の紙が入っています。

裏面にはnohanaの文字が入りますが、主張が少ないのもありがたい。

背表紙にもしっかりフォトブックタイトルの文字が入ります!

写真って放っておくとどんどん溜まって、気が付いたときには整理するにも面倒な状態になってしまいがちなので、毎月フォトブックを作成していける良いアプリです。

毎月1冊無料のクーポンを利用して作成したので、実費は送料の226円のみです。

こんなに安く作れるのなら、お試しで一度作成してみるのもアリだと思います。

じいじ・ばあばへのプレゼントだけじゃなくて、自分でも欲しくなっちゃうなぁ。