妊娠・出産

【マタニティ用品からベビーグッズまで】わたしが出産前に準備したものリストといらなかったもの

妊娠しておなかが出てくると購入したくなるのがマタニティグッズ。

雑誌やサイトを見ていると、とても可愛くて便利そうなものがたくさん売っていますよね。

赤ちゃんが産まれるので、お金の節約はしたいけど、必要なものは買わなければいけないし、と私もとても悩みました。

そして、出産が近づいてくると気になるのが、ベビーグッズ。

わたしは妊娠9ヶ月に入ったあたりまで、まったくベビーグッズの準備をしていませんでした。

そこから慌てて入院グッズや退院してすぐ使うものを、あれやこれやと購入しました。

今回はわたしが出産前に購入したものリストや、買ったものの必要無かったかな?というようなものまで大公開です!

実際に出産した経験から必要度もつけてみたので参考にしてみてください。

 

わたしが出産前に購入したものリスト

マタニティグッズ

妊娠した嬉しさであれこれ買いたくなるマタニティグッズですが、あまり買わないように努めました。

それでも合計すると結構な出費になりました。

 

無印のマタニティスキニー 黒/カーキ

妊娠8か月ごろまで働いていたので、さすがに今までの洋服は着られなくなっていきました。

そのため、無印でマタニティスキニーを購入。

ストレッチが効いている素材でとても履きやすかったですよ!

 

ママ&キッズのナチュラルマーククリーム

妊娠線予防のために購入しました。

普段はまったくやっていなかった保湿ケアを初めてがんばり、妊娠線はできずに出産を迎えることが出来ました。

 

妊婦帯つきパンツ

だんだん寒くなる時期にかけておなかが大きくなっていったので、ひとつだけ購入してみました。

お腹がすっぽり包まれたので、安心感のあるパンツでした。

ホールド感も強すぎず弱すぎずでお腹に負担もなかったので、初めて購入する帯付きパンツとしておすすめです!

水天宮で買ったお札を縫い付けたのもこのパンツです。

 

ユニクロのワイヤレスブラ

今までの貧乳が嘘のように胸もどんどん成長していきました。

窮屈なのは嫌だったので、ユニクロのワイヤレスブラを購入。

しめつけられることもなく快適な妊娠期でした。

 

トコちゃんベルト

勢いに任せて購入。

正直なところ、妊娠中は臨月まで腰や股関節が痛くなることはほとんどなかったので必要なかったです。

出産後に股関節と足の付け根あたりが痛くなり、着用しています。

 

入院準備品

基本的には産院から言われた準備品を用意しました。★の数で私が思う必要度を示しました。

 

マタニティパジャマ3着 ★★★★☆

産後すぐは丈の長い前開きのパジャマに着替えさせてもらうので、マタニティパジャマを購入しました。

入院中の着替えとして3着購入。

産まれて3日目くらにパジャマにうんちがびゅーっと飛んできたりもしたので3着あって正解でした。

ただ、3着すべてマタニティ仕様でなくても良かったかと思っていますので星4つ。

 

産褥ショーツ3枚 ★★★★★

これも産院からの指定です。

入院中しか使用しませんでした。

入院中しか使用しないものの、出産直後の出血は結構すごいです。

看護師さんの確認にもこのショーツは必須なので星5つにしました。

 

マタニティブラ3着 ★★★★★

これも一応産院からの指定でした。

ワイヤーも入っていないものを3つ購入して持参しました。

頑張ればなくてもいけると思いますが、私には便利だったので星4つ。

出産後、授乳中の今でもヘビロテです。

 

乳頭保護クリーム ★★★☆☆

出産も痛そうで怖かったですが、それと同じくらい恐れていたのがおっぱいトラブルでした。

できる部分は予防したいと考え、クリームを持っていきました。

効果があったのか、おっぱいトラブルは入院中も出産後も今のところ無しです。

わたしはお守りがわりとしても持っていて安心できました。

が、なくても出産にはまったく問題ないと思いますので星3つにしました。

 

手帳(メモ帳)★★★☆☆

わたしの産院は母子別室で割とひとりの時間がありました。

初めてのわたしの赤ちゃん。

いろいろな出来事を忘れないように書き留めておくためにも、手帳は持って行って良かったです。

ひまつぶしの意味でも私にとってはあってよかったアイテムのひとつですが、必要ない人もいるでしょうから星3つ。

 

【あると良かった】円座クッション ★★★★☆

産後の縫合痕の痛さをなめていました。

産後数日は熱をもっていてそのまま座るととても痛い!

座るのがベッドの上でも痛かったです。

わたしの産院では入院中は円座クッションを貸してくれたのですが、年季が入っていてへたっていました。

家に帰る前に結局購入したので、最初から購入して持っていけばよかったです。

出産後のお母さんたちが集まる授乳室で円座クッションを使っていないお母さんは15人中1名くらいでした。

それだけみんなお尻付近が痛いのだと思います。なので星4つ。あると絶対痛みはやわらぎますよ!

 

【あって良かった!番外編】ふりかけ

病院食って薄味なんです。

なので、役立ったのがふりかけ。

わたしは白いご飯が食べられない派なんです。

ふりかけのおかげもあって、出される食事は毎回完食でした!

 

出産後にすぐ使うもの

おむつとお尻ふき ★★★★★

これは必ず必要です。

おそらくほとんどの人が一番最初に思い浮かべるので、買い忘れることも少ないですよね。

 

短肌着・長肌着・コンビ肌着 ★★★☆☆

一通りセットになっているものを購入。

短肌着5着、長肌着3着、コンビ肌着1着を準備しました。

長肌着・コンビ肌着は生後2か月を過ぎた今でも使いどころが分からないので、必要なかったです。

短肌着は今でも重宝しています。

長肌着・コンビ肌着は必要なかったため星3つとしました。

 

ロンパース ★★★★★

長肌着の代わりにロンパースを多用しています。

ロンパースは股のところにスナップボタンがついていておむつがずれないのでお気に入りです。

これからもしばらくは使用し続けますので星5つです。

 

退院時の赤ちゃん用洋服 ★★★★☆

ちょっと奮発して退院時に着る初めてのお洋服はプチバトーにしました。

かわいい洋服も着せたいじゃないですか、やっぱり。

セレモニードレスではなく普通の洋服なので普段も着られます。星4つ。

 

おくるみ ★★★☆☆

退院時の持ち物の中に含まれていました。

すぐ車に乗るのにいるの?と思ったけれど、一応購入。

購入したのはおくるみというよりブランケットです。

おくるみは使いましたが必要性はいまいち分かりません。

赤ちゃんをぐるぐる巻きにすると安心するらしいですが、うちの子は生後すぐから足の動きが元気で、ぐるぐる巻きは窮屈そうだったのでしていません。

そのためおくるみの使いどころがいまいちありません。

 

エアーベビーバス ★★★☆☆

空気で膨らませるタイプのベビーバスを買いました。

里帰り先の実家から持ち帰るのもコンパクトでとても便利でした!

赤ちゃんが当たっても痛くないのも嬉しいポイント。

出産準備品を調べていてよく出てくるのが、「衣装ケースで代用できる」というベビーバス。

わたしは購入して良かったですが、確かに生後1か月までしか使用しないので、買わなくてもいいかなぁというのも分かります。なので星3つ。

 

おしりふきのフタ ★★★★★

ダイソーで購入。100円だけども無いと困る。

とてもいい仕事をしてくれています。

 

哺乳瓶・消毒液 ★★★★★

入院中すぐにたくさんおっぱいが出ると思っていた私。

そんな都合よくおっぱいが出るわけもなく入院帰りにそのまま購入しました。

 

まとめ

必要最低限にしようとは思っていても、かわいい洋服や便利そうなグッズを見ると買いたくなってしまいますよね。

どうしても必要なもの以外は、出産後に徐々に買いそろえていくことをおすすめします。

生後1か月を過ぎるまでは外出もなかなか出来ないと思いますが、アマゾンでぽちっとすぐ買えますからね。

これから出産を迎える方の役に立てば嬉しいです。