妊娠・出産

胎動が弱い。強い胎動が感じられず、心配に。妊娠は人それぞれだと知る。

妊娠してから楽しみだったもの、胎動。

妊娠5か月ごろから感じられるようになりました。

最初は「これが胎動なのかな?違うかな?」というような自分でもちょっと分からない感覚でした。

おなかの赤ちゃんが成長していくたびに少しずつ大きくなっていく胎動。

胎動が感じられるようになってようやく、妊娠している実感もわいてきました。

臨月になっても強い胎動は無かった

胎動が感じられるようになってから、次に楽しみにしていたのが「強い胎動」。

お腹を蹴られて夜中起きた、どんどん痛いくらいの胎動がある、お腹に足形が浮き出てくるよ!など、周りの胎動あるあるを聞いて、わたしにもそんな日がくるのか~、と楽しみにしていました。

しかし、おなかはどんどん大きくなっていくのに、一向に胎動は痛くならない!

むしろ、横になってみたりなど、じっとしているときしか胎動は感じられませんでした。

お腹の皮が厚いのかと考えたりもしましたが、わたしは標準体型なので、そんなことも無いはず。

「胎動 弱い」といったワードで検索しては心配は増すばかりの毎日でした。

どんどん不安になっていく

検索すると良くないことばかり目につきますよね。

だめだとは思っているのに、良くない妄想が広がります。

里帰りして実家に帰ってからも胎動の強さは変わらずです。

自分の母親は出産が似るという噂だったので、母の胎動を聞いてみても、わたしを妊娠中にお腹の形が変わるほどの胎動があったとのこと。

妊婦健診のときに胎動が強くないことを先生に伝えてみましたが、「人それぞれだから大丈夫だよ」と言われました。

それを聞いても心の奥底にある不安は消えません。

今思い出せば心配しすぎなのですが、妊娠中に赤ちゃんに何かあったら守れるのは私だけです。

ひとりで責任を負っている気がしていました。

そんなこんなで強い胎動は感じられないまま迎えた臨月。

健診は1週に1度になり、赤ちゃんの様子を確認できる日が増え、少し安心できました。

元気に産まれてきた!

結局、強い胎動は感じることはないまま、超がつくほどの安産で、元気な男の子を出産しました。

あんなに胎動は静かだったのに、産まれて1か月も経たないうちから手足をバタバタさせています。

毛布をかけてもすぐに蹴り飛ばすほど元気です。

胎動が強い・弱いは人それぞれだと思い知りました。

強い弱い以前に胎動の感じ方自体、個人差があるものなのかもしれません。

お腹のかたちが変わるほどの胎動を感じられなかったのは少し残念ですが、無事に元気に産まれてきてくれて良かったです。

確かに胎動は妊娠中にしか感じられないとても幸せな出来事ですが、産まれてから赤ちゃんを直に感じられる今のほうが何倍も幸せです。

もし、強い胎動がなく心配している方がいれば、こんな例もあるんだと思っていただければ嬉しいです。