妊娠・出産

おなかがゆるい…!わたしに子育てできるの?不安ばかりだった妊娠初期症状まとめ

あまり大きな変化もなく過ごしたわたしの妊娠初期。

初めての妊娠で右も左もわからない中、インターネット上では様々な妊娠初期症状の情報があふれています。

しかし、わたしには当てはまらない…!そんな症状わたしには起きてないけど大丈夫…?など不安になることもありました。

幸いにもつわりもひどくなく、比較的快適な妊娠初期でしたが、そんなわたしでも妊娠後、小さな変化を感じることがあったので、記録として残したいと思います。

わたしの妊娠初期症状まとめ

・4-7週:妊娠したかも、と気づいたころ。

・おなかをくだす日がある
・食欲が無い日がある
・立ちくらみめまいが起きる日がある

・8-11週:初めて病院に行って胎動が確認できたり、母子手帳を取りに行ったころ。

・おなかをくだす日がある
・食欲が無い日がある
・1日中耳鳴りがある日があった

・12-15週:妊婦健診が4週に1回になったころ。

・2日くらい背中が痛くて痛くて仕方がない日があった
・立ちくらみが起きて貧血気味になる

 

妊娠初期ごろのわたしの気持ち

検診のエコーで見ることができた赤ちゃんはとても小さくて、まだ人のかたちもしていないけど、心臓のあたりがぴこぴこ。

妊娠が分かってから、嬉しいのに「これからどうなっていくんだろう」「ちゃんと育てられるのかな」という不安があって、あまり上手く喜べていませんでした。

でも、エコーを見ると小さくても生きているのが分かって、ぴこぴこ動く姿を見ながら、なんだか泣きそうになってしまいました。

自分でも涙が出そうになるなんて思っていなかったから、少しびっくりです。

無事に産まれてさえくれれば、何とかなる!がんばろう!という気持ちが固まったのも妊娠初期のころでした。

見た目には大きな変化がない分、周りに気づかれないことも多いですが、妊娠初期はつわりがあったりととても大変な時期です。

まだまだ赤ちゃんがおなかにいる実感もなく、妊娠が夢の中のことのように感じていましたが、ゆったりとした気持ちでいられるよう過ごすことを心がけていました。

そう心がけようという心境になったこと自体、妊娠したからこその変化だったかもしれません。