自分のこと

自己紹介とブログについて

「ママコトライフ」をご覧いただき、どうもありがとうございます。

2017年の終わりごろ、初めての出産を経験し、男の子のママになりました。

妊娠も出産も子育ても、ママになって初めて知る世界。

右も左も分からないなかで、一番の頼りは夜な夜な検索するインターネット上にあふれる情報でした。

顔も見たことのない先輩ママのブログや体験談に励まされ、ここまでやってくることができたので、今度は私がこれからママになる人たちの役に立ちたいと思い、ブログをはじめました。

このブログでは主に4つのテーマで更新していく予定です。

子育て体験談
子育てしていると、小さな疑問がたくさん沸いてきますよね。そんなとき参考にできるように「わたしの場合はこうだったよ!」を伝えていきたいです。

絵本・おもちゃレビュー

楽しそうに遊んでる!おすすめ!という絵本やおもちゃから、これってこんなところが改善されるといいなぁというところまで、実際に使って遊んだ絵本・おもちゃのレビューをします。

おでかけスポット
主に関東近郊のおでかけした記録も残していきたいです。

ワーママ子育て
息子が1歳を過ぎ、職場復帰しました。これからのワーママ生活も綴っていきたいと思います。

このほかには家族しか興味がないであろう息子の成長記録なんかを残すこともありますが、役立ちそうなこともそうでないことも気ままに記録して、まずは続けることが目標です!

これより下、もう少し続きます。ご興味のある方はどうぞ!

出産後、1番辛かった時期

何よりもわたしが辛かったのが、息子が生後2~6ヶ月ごろ。

哺乳瓶でミルクを飲めなくなってしまい、体重も思うように増えていかなかったころ、本当にしんどかった。

そのときの私は「なんとかしなきゃ!」と自分ひとりで焦っていて、周りの声があまり届きませんでした。

なにかアドバイスをもらっても「そうは言っても、毎日見てるのはわたしだし!」みたいな頑固さもあり、なかなか人に頼ることもできませんでした。

「赤ちゃん細いね~」とか言われるのが嫌で、息子とふたりきり、自宅に閉じこもる毎日。

そんな息子も今では1歳を超え、元気いっぱいの男の子に成長しました。

このブログを通して、わたしと同じように辛い思いをしているママがいたら、「大丈夫だよ、なんとかなるよ」ということを少しでも感じてもらえたら嬉しいです。

そして、子どもが成長するたびに変わっていく、その時々の悩みや嬉しかったことなんかも記録していきたいと思っています。

あとは、息子が気に入って遊んでいるおもちゃや便利だったグッズなんかもレビューしていきたいです。

育児と同じく、ゆるーく楽しんでブログを続けていこうと思います。

2019年4月

プライバシーポリシー

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。

DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。

お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。

その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

また、当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。